全国病医院検索

RSウイルスを予防しよう!

RSウイルスは感染しても持続的な免疫ができにくいため、予防ワクチンの開発は難しいとされています。
しかし感染後の重症化を防ぐ注射薬は日本でも認可されており、重症化しやすい早産児や、呼吸器などに病気を持つ赤ちゃんを対象に投与がおこなわれています。
この注射薬は、RSウイルスが流行している期間、月1回の注射による投与を継続しておこないます。1回目の注射は流行前に受けることが望ましいので、秋口になったらそろそろ準備が必要です。
RSウイルスは一年中存在しますが、10月から11月にかけて流行がはじまるといわれています。

スモールベイビー オンラインギャラリー