全国病医院検索

早産児ちゃんの発達

早産児はママのおなかから早く生まれてきたので、そのぶん、正期産児と比べると体が小さいもの。
NICU※などに入院しなければならないほど早く産まれた赤ちゃんは、出生体重が2000g以下である場合も多く、ときには1000gに満たないほど小さな赤ちゃんもいます。在胎週数35〜37週未満の比較的大きな早産児でも、2500g以下で生まれてくることも多く、正期産児と比べるとやや小さめ です。
赤ちゃんの大きさや体重は、親族や友人からもたずねられることが多く、
「あら、小さいわね」「ちゃんと育つの?」などという言葉に傷つけられることがあるかもしれません。

体重は一般的に、元気な赤ちゃんの目安とされる場合も多いので、小さめ赤ちゃんだといろいろ心配になることも多いでしょう。「うちの子は体が小さいけど、ちゃんと大きくなるのかしら…」と不安になるママがいるのも無理はありません。
しかし、はじめは小さめちゃんでも、その子なりに必ず成長していくものです。
最初は難しいかもしれませんが、どんな早産児もはじめは小さめなのはしょうがないことと肝を据えて、かわいいわが子の成長にきちんと向き合うことがハッピーな早産児育児のヒケツです。

【NICUとは】 Neonatal Intensive Care Unitの略で、新生児集中治療室のこと。
低出生体重児や、病気や障害を持つ新生児を専門に治療する施設。
注)在胎週数は正期産でも、出生体重の小さい「子宮内胎児発育遅延」児は早産児ではありませんが、1500g以下とかなり小さく産まれることがあります。

スモールベイビー オンラインギャラリー