全国病医院検索

早産児ちゃんの発達

資料:極低出生体重児発育曲線(厚生省心身障害研究班 監,メディカ出版,1996)より

正期産児でも大きめちゃん、小さめちゃん、発達が早い子、ゆっくりな子がいるように、早産児も成長や発達には個人差が大きく関わっています。ですから、母子手帳の乳児身体発育曲線などの発育グラフに一喜一憂せず、その子の産まれたときからの成長をトータルで見ていくことが肝心です。
目安として、出生体重が1500g以上の早産児は1歳頃まで、出生体重1250〜1500gの早産児は2歳頃までには、身長・体重、発達ともに正期産児に追いつく(キャッチアップする)ことが多いようです。
出生体重がそれ以下の早産児も、もう少し時間はかかりますが、ほとんどが6歳頃、遅くとも9歳頃までには身長・体重、発達ともに追いつくとされています。
ただし、何らかの病気や障害がある場合や、その子個人のペースにより、成長や発達がゆっくりになるケースがあります。成長や発達が気になる場合は、お医者さんに相談し、定期的に健診を受けるようにしましょう。

資料:極低出生体重児発育曲線(厚生省心身障害研究班 監,メディカ出版,1996)より
スモールベイビー オンラインギャラリー