全国病医院検索

切迫早産とは?

早産と切迫早産

赤ちゃんは、通常、在胎37〜42週未満でママのお腹から出てきます。これよりもお腹の中にいる期間が短い場合を「早産」(在胎37週未満)といいます。
切迫早産は、37週未満でお腹の張り、出血、破水など出産の兆しが見られる状態、つまり早産になりつつある状態のことをいいます。
赤ちゃんの体は、ママのお腹の中に40週前後いることで外の世界に出てくる準備が整うため、在胎37週未満で産まれてきた赤ちゃんは、体の機能が成熟していない場合があります。
そのため、切迫早産の兆候がみられたら、赤ちゃんが1日でも長くお腹のなかにいられるよう安静にし、必要に応じて治療を行います。

切迫早産の症状は?

自覚症状としては、おなかが定期的に張ったり痛んだりする、腰がだるい、おりものの異常(出血、おりものの突然の増加)などがあります。また、最も心配な症状として、破水することがあります。
このような症状が一つでもあったらすぐに受診しましょう。自覚症状がなくても超音波検査をしたら早産の兆候があったという場合もあります。必ず妊婦健診を受けるようにしましょう。

このような症状が一つでもあったらすぐに受診しましょう

スモールベイビー オンラインギャラリー