全国病医院検索

早産児ちゃんに起こりやすい病気・トラブル

呼吸器に関するトラブル

  • 呼吸窮迫症候群(こきゅうきゅうはくしょうこうぐん)

    早産児は、肺を風船のように膨らませるために必要な肺サーファクタントという物質が、まだ十分作られていないため、呼吸によって空気を十分に取り込めず、呼吸が速くなったり酸素不足でチアノーゼを起こしたりします。
    人工肺サーファクタントの投与や、人工呼吸器をつけるなどして治療します。

  • 新生児慢性肺疾患(しんせいじまんせいはいしっかん)

    出生直後などに急性呼吸障害の治療をおこなった際、酸素や人工換気の影響で肺が傷んだために、その後も肺機能の低下が続いてしまう病気です。のどがゼロゼロしたり、風邪をひきやすくなることもあります。
    ほとんどの場合は、体重が増えて肺が大きくなる3歳頃までには治ります。

  • 無呼吸発作(むこきゅうほっさ)

    早産児は呼吸中枢が未熟なため、呼吸がときどき止まることがあります。
    20秒以上呼吸が止まったり、脈が途切れてしまったりしてチアノーゼが起きた状態を無呼吸発作といいます。
    無呼吸発作の危険性が高い在胎週数34 週以下の早産児は、呼吸や心拍をモニターで監視しており、呼吸が途切れたときはやさしく手足を触って刺激して呼吸を促したり、呼吸中枢を刺激する薬を投与したりします。

  • ウィルソン・ミキティ症候群(うぃるそん・みきてぃしょうこうぐん)

    在胎32週未満、1500g未満の早産児・低出生体重児特有の呼吸障害です。
    頻呼吸や胸を上下させる陥没呼吸、チアノーゼを起こし、無呼吸発作を起こすこともあり、高濃度酸素療法や人工呼吸器を使った治療が必要になります。
    肺の発育とともに自然と治っていくケースも多いですが、風邪などの感染症にかかると重症化しやすい傾向があります。

  • 胎便吸引症候群(たいべんきゅういんしょうこうぐん)

    羊水の中に赤ちゃんが胎便を出してしまい、それを肺の中に吸い込んだために呼吸障害を起こす病気です。
    酸素吸入や人工呼吸器で治療し、通常は1週間前後で治ります。まれに気胸や肺炎など重症化することもあります。

参考資料:未熟児看護の知識と実際(仁志田 博司 編著,メディカ出版,2003年)低出生体重児Q&A(中村肇 監,メディカ出版,2001年)ほか

起こりやすい病気・トラブル

スモールベイビー オンラインギャラリー