全国病医院検索

秋から冬にかけて大流行!RSウイルスから早産児ちゃんを守ろう!

冬になると毎年流行するかぜなどの感染症。その原因となるウイルスは数百種にも及ぶといわれています。
中でも乳幼児が最も感染しやすいのがRSウイルスです。
その感染力は、ほとんどの子どもが2歳までに一度はRSウイルスに感染するといわれているほど。
名前はあまり知られていないけれど、じつはとても身近にいて、赤ちゃんの健康をおびやかす存在……
それがRSウイルスなのです。
RSウイルスは、秋から春までというかなり長い期間にわたり流行が続きます。
10月くらいには警戒をはじめて、4月くらいまで気を抜かないことが肝心です。

RSウイルスの流行期

出典:国立感染症研究所 感染症予防センター 感染症発生動向調査 週報・月報速報データ

スモールベイビー オンラインギャラリー