全国病医院検索

早産児とは?

赤ちゃんは、通常、在胎37〜42週未満でママのお腹から出てきます。
これよりもお腹の中にいる期間が短いと「早産児」(在胎37週未満)、長いと「過期産児」(在胎42週以上)といいます。
赤ちゃんの体は、ママのお腹の中に40週前後いることで外の世界に出てくる準備が整います。
そのため、在胎37週未満で産まれてきた赤ちゃんは、体の機能が未熟な場合があるのです。

  • 早産児

    在胎37週未満で産まれた赤ちゃん

  • 正期産児

    在胎37〜42週未満で産まれた赤ちゃん

  • 過期産児

    在胎42週以上で産まれた赤ちゃん

未熟児や低出生体重児との違いは?

「早産児」や「正期産児」などは赤ちゃんの在胎期間で分類したものですが、これとは別に、生まれたときの体重によって赤ちゃんを分類する方法もあります。
体重による分類方法では、出生体重が2500g未満を「低出生体重児」、1500g未満を「極低出生体重児」、1000g未満を「超低出生体重児」と呼びます。
一般的には早産児や低出生体重児をまとめて「未熟児」と呼ぶことが多いですが、早産児と低体重児では機能や状態がかなり異なることがわかってきたため、医学的には分けて考えられています。

スモールベイビー オンラインギャラリー